女性に知ってほしい生命保険

貯蓄型と掛け捨て型

生命保険を選ぶ際に最も重要となるのは何でしょうか。
人によって違うと思いますが、おそらく二種類の答えが返ってくる事が多いと思います。
一つは、加入する保険にかかる保険料です。
保険とは一生の付き合いとなるので、毎月その保険に対して保険料を払って行かなければいけないのです。
そしてその払った分のお金がもし何かが起こった時に保障として支払われるというのが保険のスタンスです。
これはどのような保険でも同じですが、この毎月の保険料が安いと当然受けられる保障は安くなります。
逆に毎月の保険料が高いと、受けられる保障額が高くなったり、保障を受けられる範囲や条件が拡大するのです。
保険料を安くして保障も安くて良いという考えなのか、もしもの時のために保険料を高くして保障も高額受け取れるようにするかは、保険に対する個人個人の考え方だと思いますが、金額が大きいだけにどの保険に入れば良いか迷う人もきっと多いと思います。
話は戻りますが、二つ目の重視するポイントとして、保障内容です。
これも保険料とリンクするところがあるのですが、保障内容が充実するという事は、当然保険料も高くなります。
また、保障される期間にも注目したいところですが、一生涯の保障なのか、何年間かの決められた期間の保障なのかと、保険には様々な種類があり、言ってしまえば自分の好きなように保険を作る事が出来るのです。
どちらを重視するにしても、保険には着眼すべきところがたくさんあると言われていますが、やはり保険料として出ていくお金と、保障を受ける際に入ってくるお金のバランスを見るのが一番だと思います。
保険には、貯蓄型と掛け捨て型という種類があります。
バブル期は貯蓄型の保険は非常に人気がありました。
景気が良いので、収入も金利も今より高かった事から、貯蓄するには向いている時代だったのでしょう。
しかし、今は不景気なので、低収入、低金利という時代になっています。
保険期間が終わってしまえば、掛けたお金はもう帰って来ませんが、月々の支払いが安く済む事と、安い掛け金で保障を大きく設定できる事、保険の見直しの際に簡単にその保険を切り替える事が出来るのが掛け捨て型の魅力です。
今多くの保険はこの掛け捨て型を推進していて、特に若く貯蓄が十分でない人にとっては掛け捨て型の保険の方が向いていると言えるでしょう。
しかし、景気が上向きになる傾向が出て来た今、また以前のように貯蓄型の保険商品が人気になるかもしれませんね。
Copyright (C)2017女性に知ってほしい生命保険.All rights reserved.